練馬の木の家



house-tng 練馬の木の家


東京都練馬区の既存住宅街の一角の新規分譲地を購入の上での新築計画。
お施主さんにとっては、数年前より近所にお住まいのため、よくご存知の土地柄ということで購入を決定されたとのこと。
珪藻土・和紙貼り・無垢フローリング材といった自然素材の仕上げ。
外部には不燃処理がされた松材・ヒノキの格子材を採用。
また、構造材は、施主さんのこだわりにより、集成材は使わず全て無垢材を使用。

■所在地:東京都練馬区
■敷地面積:101㎡(30.6坪)
■建築面積:42.80㎡(12.9坪)
■延床面積:84.78㎡(25.6坪)
■別途 ガレージ部 約16㎡(4.9坪)
■構造:在来木造住宅
■オール電化住宅
■太陽光発電設置住宅
■住宅エコポイント対象住宅
■蓄熱式暖房設備

2階マルチスペース。
吹抜け越しに和室方向を望む。
左手:子供室のピンク色塗装、吹抜け壁面の黄色塗装は、お施主さんのセルフ塗装。(ポーターズペイント使用)
黄色の壁面に設けた上吊の引き戸には施主支給のスウェーデン製のファブリックを巻きつけてアクセントとしている。


2階マルチスペース。

ふたり姉妹のための造り付けスタディーカウンター。
カウンター下には、施主支給の引き出しを設置。(カリモク製)
間接照明による手元照明を設置。照明下の壁面には、掲示板クロスを採用。
吹抜け部にはシーリングファンを設置。
壁:土佐和紙貼り。床:パインフローリング。


セルフペイントによるピンクの壁面の子供室。
右手には、トイレ脇の廊下側に設けた手洗いが見える。
水色のモザイクタイルをアクセントに。


(左)ダイニングより、吹抜け方向。
黄色の壁面がアイキャッチに。
(右)玄関よりダイニング方向。 ダイニング奥には、蓄熱式暖房機を設置。
玄関たたき床は、洗い出し調床材を採用。ダイニング床はナラ材フローリング。
チェッカーガラスをはめた建具により気配を感じる。


オープンカウンターのキッチン。LDKは、構造梁をあらわして温かみを。
右手に玄関のたたき:洗い出し仕上げ。
こげ茶の壁面は、お施主さんによる黒板塗装仕上げ。


(左)壁:ピンク色の塗装。 床:パイン材 天井:土佐和紙貼り
(右)マルチスペース。天井には、折りたたみ式の物干しを設置し、室内干しスペースとして活用。


(左)リビング。部屋の中心に配置されたオープンキッチン。腰壁部にはマガジンラックを設置。
(右)寝室和室スペース。間接照明により照らされる桐張りの天井により柔らかな表情に。


(左)寝室の畳敷きスペース。左手にはロフトに至る階段。
(右)ロフト。施主支給のブラケット照明を設置。床材は、桐フローリング。調湿効果もあり、やわらかい。傷が付きやすいが回復力もある。