h-mur



大きな吹抜けのあるコンパクト二世帯住宅

閑静な住宅街に位置したゆったりとした敷地での二世帯住宅への建替え計画。
玄関・浴室・客間を共有する、延べ面積約42坪(別途約六畳のロフト)のコンパクト2世帯住宅。
キッチン・洗面スペース・トイレは独立で設置。1階の親世帯の間取りは、従前より暮らしていた間取りを踏襲。
2階子世帯は、ゆったりとしたリビングを中心として個室・収納を機能的に配置。コンパクトな床面積によりローコスト化を実現。


2階リビング
正面にひな壇状の本棚、本棚の裏にはロフトへと昇る階段。

建物外観
南西側道路より。


2階リビング
キッチンスペースの上部に、吹抜に面した開口部を持つロフト。ロフトの手前には観葉植物用のスペースを設置。
本棚の左右より家事スペースに至ることが出来、回遊性ある動線を実現。ライトグリーンの引戸により冷蔵庫・食器棚などをスッキリと隠すことが出来る。

2Fリビング
(左) 2階LDK。天井高さは高いところで3.8m。奥に見える2つの扉は、子供部屋へと繋がる引戸。
(右) 床材には、巾広のメープルを採用。無節でスッキリとしていながら柔らかな触感。テーブルと奥の引戸はタモ材


リビング上部の高窓からは、たっぷりと採光を確保。見通しがきくので開放感もUP。
ニッチ状スペースにはピアノを配置。

(左) 2階リビングよりロフトへ昇る階段。階段手前には、ひな壇状の本棚。
(右) ダイニングスペースの脇にはピアノスペースを確保。

2F子供室・リビング
(左) 子供室。約3.4 畳とコンパクトだが高めの天井高さとリビングとの連続感により落着きあるスペースに。
(右) リビングに面した2つの子供部屋は引戸にて開放して一体感を。引戸の上部には2段ベッド状のベッドから利用できる小窓を設置。 子供室・ロフトを高い天井高のリビングに向かって配置することにより広がりを感じる。