山を望む家



house-yama 山を望む家

(上)南側外観:北から南西にかけて山を望むことが出来る。
黒くフレーミングされた部分は1階LDKの開口部。

1階LDK。右手は階段のある吹抜ホール。ホール奥の玄関に至る建具には、優しい表情のチェッカーガラスを使用。
リビングスペースは、掘り込み式とし、特注のソファを造り付け。一般的な家具ソファを置いた場合と比べ、コンパクトなLDKでも圧迫感なくゆったりとくつろぐことが出来る。クッション背もたれは自由に動かすことが出来る。 特注ソファクッションは、グリーンゲイブルスにて製作。

南西側外観。眺めの良い南西側に向けリビングの開口を設けている。建物に優しい表情を与える木製ルーバーには桧を使用。

ホール2階より。左手子供部屋は将来的に2分割することを想定。7畳程度とコンパクトではあるがベッド・机をレイアウトしやすいような形状に。黒とブルーの塗装壁面(PORTER’S PAINT)は黒板のように使用することを想定。 天井には室内物干しとして、パイプを設置。
正面主寝室側の窓引戸の仕上げは、OSBORNE&LITTLEオズボーン&リトル(マナトレーディング)の壁紙。

洗面化粧台。カウンタートップは25角モザイクタイル仕上げ。鏡とアンティークのブラケット照明は施主支給品として対応。鏡は既製品の輸入アンティーク調フレームにて制作。

1階ホール。左手にカウンターデスクを造り付け、パソコンをしたり勉強をしたりすることを想定。

洗面室(サニタリー)。正面方向はキッチン。洗面化粧台→洗濯器置場→食品庫(パントリー)→キッチンと動きやすい家事動線を確保。洗面化粧台横には引き出し式の小物収納を設置。

1階キッチン部より。
キッチン ~ パントリー ~ サニタリー ~ 浴室 と一直線に並ぶ家事動線。IHクッキングヒーター、ステンレスレンジフード、レンジ脇の壁には、25角のモザイクタイルを採用。

2階子供室。2部屋に分割した場合、3.5畳程度とコンパクトになるため、家具レイアウトに配慮し高窓を採用。階段ホールには大きな外部開口があり、周囲の山を望むことが出来る。正面のウォークインクロゼットは主寝室側からも利用可能なレイアウト。子供が小さいうちはホールと一体的に多目的に使用。

西側外観。吹抜のホールに面して大きな開口部を設けている。西日対策としては遮熱タイプのLow-eペアガラスを使用。

キッチン横の食品庫(パントリー)。可動棚板によりフレキシブルに利用可能。奥まった位置にあるため来客時にて安心。

リビングの掘り込みソファースペース。周囲のフローリング部分に腰掛けたり、クッションを移動させて寄り掛かったりして寛ぐことが出来る。