house-tnk さいたまの家



さいたま市の小高い緩傾斜の角地に計画された新築戸建て住宅。
コンパクトな床面積ながらも、スキップフロア・スケルトン階段・勾配天井・吹抜けに面したロフト・部屋を仕切らない連続的なプランニングにより、のびやかで開放的な内部空間を実現している。
2階バルコニーからは、近隣の緑豊かな公園を望むことも出来る。一部壁面は、施主セルフペイントされ、空間に彩りを与えている。

1階 玄関ホール

スケルトンの鉄骨階段により、ホールと居室を一体的につなげている。
左手にはブルーに塗られた大きめのシューズインクローゼット、出入れ口部はアーチ形状の開口としアクセントとしている。

 

2階リビング。
勾配天井を生かした開放感あるリビング、最大3.3mの天井高さ。
鉄骨階段によりロフトへとつながっている。正面のキッチンとは400mmのレベル差があり、キッチンカウンターをダイニングカウンターとしても利用可能。キッチン背面には黒板塗装をペイントしてある。

■所在地:埼玉県さいたま市
■敷地面積:77.48㎡(23.44坪)
■建築面積:53.78㎡(16.27坪)
■延床面積:85.57㎡(25.88坪)
■ロフト面積:10.77㎡( 3.26坪)
■構造:在来木造 地上2階



敷地面積は比較的ゆったりしているが、床面積をコンパクトに計画。
1階は、スケルトン階段により、緩やかにゾーニングしながらも一室空間を実現。2階は、スキップフロアとロフトを設けた高い天井高さにより狭小住宅を感じさせない設計として広がりある空間となっている。