g-house 丘を眺める家  



g-house 川崎の3階建て狭小住宅

川崎市内の河川敷より延長する丘状の堤に面した旗竿敷地(路地状敷地)に建てられた住宅。旗竿敷地+木造3階建てという条件のため、厳しい法規制がかかるが 堤に面するロケーションを積極的に生かして、密集した住宅地の中でも開放感ある住宅を実現。

■所在地:神奈川県川崎市
■敷地面積:106㎡(32坪)
■路地状敷地(旗竿敷地)
■建築面積:37㎡(11坪)
■延床面積:86㎡(26坪)
■構造:木造3階建て住宅


玄関ホール。
石乱張りの床にて土間的に。

南側外観。
河川敷きの堤側より。

南側の堤に面した立面ファサード。

玄関土間スペース。
正面はらせん状の階段。上階より光を取り込む。

南側の庭に面した浴室。露天風呂感覚。玄関土間と連続した石の乱張り。
洗面カウンターの木材は、住まい手が以前よりテーブルとして利用していたものを転用して設置。

人工大理石の特注カウンターキッチン。

キッチン脇の階段スペース。光井戸として機能。

玄関土間に面する階段。
3層吹抜の空間のため、光井戸として機能。

3階寝室前のデッキテラス。

南側外観。

北側エントランス側外観。
路地状敷地の終端に位置する。

1階和室。

3階寝室。