ローコスト住宅と工務店



ローコスト住宅で、コストを抑えた発注を実現するには、コスト競争力の高い工務店との協働が不可欠。 その上で、単にローコストが主目的ということであれば依頼先に迷うことは少ない。ここでは、こだわりの注文住宅でありながらもコストを抑えた依頼先選定について言説することとします。

大きな規模でやっている工務店・建設会社でローコスト対応しているところは、規格住宅や建売住宅など手間を掛けずに出来る建物を主戦場としており、手間の掛かる注文住宅・建築家住宅などは避ける傾向にある。

必然的に、中小規模の工務店が依頼先となる。中小工務店では、自社で設計と施工を併せて請け負うところもあれば、施工だけに特化しているところもある。前者は、営業担当などもいて、顧客対応が充実しているところが多く安心感も高い。反面、その分、コスト的に高めとなることが多い。 後者の工務店は、人員体制的にコンパクトに運営しているため、コスト競争力が高いが、その分、顧客対応としては物足りなく感じる場合もある。その分を設計事務所・建築家と補完し合いながら進めるのが良い。勿論、前者の工務店と設計事務所・建築家が共同して進めるのも安心感がある。

コストと安心感・納得感のバランスの中で、どこにバランスポイントを取るかはケースバイケース。こだわりのある注文住宅・オーダーメイド住宅においては、ローコスト住宅というよりも納得コスト住宅と言った方が適当なのでしょう。