狭小住宅のメリット



狭小では無い場合、充分な土地面積で、充分な床面積の建築が可能であれば、常識に縛られて、標準的な住宅に終始してしまうことも多い。

各室の広さ、間取り、部屋数などなど。

狭小住宅は、土地が狭い。建物面積が狭い。

狭いからこそ、各部の面積配分を検討しないといけない。部屋数、部屋の必要性などなど。

ライフスタイルを見直さないといけない。

家族に取って、大事な時間はどこで過ごしたいか?  各自のリラックスタイムはどんな時間か? 寝室って何するところか? 客間の必要性と日常な使い方は? 寝室の広さの必要性? 本当に必要なもの・服の量は?どこに収納するのが効率的か?、、、など。

住まいを建てるということは、新たな住まいで、新たな生活をはじめるチャンス、各自に合ったライフスタイルを模索するチャンスがあるのです。
そして、その新たなライフスタイルづくりには、あらたな価値の提案が出来る建築家・設計事務所は無可決と言えます。

狭小住宅を立てる際には、嫌が様にも、その課題に直面して、常識に縛られない寄り自分達に合う家づくりをすることが可能なのです。

狭小住宅の事例